国内地味旅行(たまに海外)

地味な旅行スポットをご紹介

館山への地味旅行

会社の健康保険の保養施設の予約がとれたので千葉旅行が確定した。

そのプランを備忘録的に記載していこうと思う。

 

場所は千葉の館山だ。

何しようかな…。宿が良さげであるなら宿で楽しむ系にしようと思う。

 

4月6日(土)

フェリーで鋸山??山なんか登って楽しいかな…。

まぁ行ってみるか、そして在来線で館山へ。買い出しを済ませ送迎バスで宿まで。

宿でボードゲームなんかすることになるかな。

 

4月7日(日)

車を借りて(カーシェアとか)、勝浦近くまでフットゴルフしに行きたいな。

勝浦タンタンメンなんか有名だったかな、昼飯はそこや。

www.camel-golf.com

 

ちょい遠かったら馬でも乗るのかな。まぁそれもアリやな。

 

帰りは電車で酒でも飲んで帰ろう。そうしよう。

京都の桜を観に、びわ湖疏水船をめぐる旅

また旅行の予定が決まったので、プランニングがてら書いていこうと思う。

 

びわ湖疏水という琵琶湖から京都に水を運ぶ水路があるのだが、この水路何がすごいってポンプがない時代なもんだから、琵琶湖から京都まで標高差がないように掘ったりしながら結んでおり(説明はテキトー)、まじで凄い水路なのだ。

 

その水路を船で移動できるのがびわ湖疏水船なのだ。これが今回の旅のメイン。船に乗りながらさらに桜も楽しめたら最高だなーといった魂胆である。

 

3月29日(金)

午後休でも取得して、そうだ、京都いこう、コース。

まずは東京駅で、ランチ代わりに駅弁とビールを買い込んで新幹線にライドン。

※もしかしたら木曜の深夜バスでいくかもしれん

 

テキトーにブーラブラして、夜は先斗町あたりで一杯やって、サウナかゲストハウスにでも泊まろうかな(サウナ途中退出できるのかな…)。

 

3月30日(土)

桜シーズンは激混みしそうな雰囲気あるので、朝は早めに起きて桜スポットをテキトーにブラブラしようと思う。

そんで昼頃、南禅寺あたりにきて、びわ湖疏水船の上りルート、蹴上→大津に乗る。

 

琵琶湖方面では、おごと温泉に行こうと思う(なんの町かは調べてみてください)。

時間が余れば近江八幡でも見て回ろうかな。そんで大津泊。

 

3月31日(日)

この日は下りルートのびわ湖疏水船だ。9時頃の早めの便なので、朝飯がてら散歩して船に乗りたい。この日のヤツは誤って大津→山科の便を予約してしまったので、山科で降りてなにかあれば観光していこうと思う。なければ東西線に乗って、京都市街を見て回ろうと思う。

 

晩飯までグルメや観光を楽しみ、新幹線内のつまみとビールを買い込み、終電で帰りフィニッシュ。

アンコールワットとバンコクのソンクランを楽しむ旅をする

ズボラ過ぎて過去の旅の記録が全然できていない。

 

なので試しにこれからは未来日記的な感じで、計画だけ書いてあとで写真を乗っけていくスタイルにしていこうと思う。

 

さて2019年の年始にいろいろやりたいことをピックアップしていたんだけど、その中に去年行って楽しかったソンクランがあった。

 

ただソンクラン自体は1日あれば充分楽しめるし、バンコクは去年も行ってだいぶ見るべきところは見た感あるので、バンコク以外のサムシングが欲しい。というわけで地図を眺めながら周辺地域を物色。

 

プーケットとか行ってみたいけど、ビーチリゾートは1人で行くと寂しすぎるし…と、いろいろ頭の中でシミュレートしながらプランを考えていると最適な場所があった。

 

そうアンコールワット。

 

アンコールワットがあるシェムリアップへはバンコクからは1時間くらいと近いし、またシェムリアップは東京からの直行便がなく、またいつか行くにしてもどこかで乗り継がないといけない場所でもある、遺跡だし一人で行っても寂しくない、もしかしたら”自分”というのも見つかるかもしれない。めっちゃいい。

 

しかもタイ航空がセールをやっていた。渡りに船だ。スワンナブームからシェムリアップの便を調べてみると3時間のトランジットで行ける模様、めっちゃスムーズ。ラウンジで2杯くらいビール飲んで待ってればええんやろ。航空券だけで6.5万円。カンボジアの物価がクソ安いみたいだから計10万円くらいにおさまると嬉しいな。

 

というわけで今年もソンクラン行ってきます。

ざっくり行程は以下の通り。

 

1日目

成田→スワンナブーム→シェムリアップ夜着

飲んで寝る。

 

2日目

アンコールワット探索

飲んで寝る。

 

3日目

ベンメリア遺跡探索

飲んで寝る。

 

4日目

シェムリアップ→バンコク昼着

サクッとソンクランしてハッスル

 

5日

ソンクラン行ってからタイのスーパー銭湯に行く

ルブアのルーフトップバーで夕日でも見て飲む

スワンナブーム夜発→成田

台湾一人旅のメモ~2018スカイランタン見に行く旅~

台湾へ一人で旅行することにした。

 

日程は3月2日(金)~4日(日)。

航空券はピーチエアで往復3.3万円くらい。航空券は昨年の泉佐野市のふるさと納税で1.5万円分のピーチのポイントをゲットしたので支払ったのは1.8万円のみ。安い。

 

往路は、羽田を2日の05:50に出て、台湾・桃園に08:50に着。

復路は、台湾・桃園を4日の20:45に出て、羽田に5日の00:40に着。

だ。

 

1日をフルに使えてすごく効率的なんだけど、行きも帰りも空港までの足がないんで平和島の温泉のパックを利用することにした。3500円、安い。

www.heiwajima-onsen.jp

 

出発前夜、残業などで天然温泉平和島には結局22時半頃チェックイン。

4時発のバスで空港に向かうため、あまり寝る時間がなかった。またお休み処で僕がこれまで出会った全人類の中で一番デカいいびきをかく男が現れたので全然熟睡できなかった。マジで轟音。逃げればいいのだが、いすタイプよりも床タイプのそのエリアがよかったため、ティッシュで耳栓をし、なんとか耐えた。

 

1日目

バスで空港へ。

f:id:k0suke603:20180302055238j:image

いざdeparture。

 

f:id:k0suke603:20180302060442j:image

途中、富士山も見えた。綺麗。

f:id:k0suke603:20180302111311j:image

 

桃園に着き、無事入国。

出て右にある、テレコムサービスカウンターで、SIMカードをゲットだ。「SIMカード、スリーデイズ」だけ言ったらお兄さんが手際よく、SIMカードの交換からアクティベーションまでやってくれた。詳しい説明がないまま高速でコトが進んでいくことに若干の怖さはあるがたぶん大丈夫だろう。3日間で300台湾ドル、まぁ千円ちょっと。イ○トのWi-Fiとか借りるのがバカらしいね。ちゃんともし大手キャリアだったら事前にSIMフリー端末にしておくことが大事だね。

f:id:k0suke603:20180302103707j:image

 

とりあえずまずは台北市街地へ行きたい。調べるとMRT桃園空港線という路線が良いみたいだ。

台湾 桃園国際空港から台北市内まで移動する3つの方法~2017年03月2日から! - PHOTRAVEL

 

あった。とりあえずこの案内を目指していければ乗れた。台北車たん?まで160twd、3.5倍強すれば日本円になる。

f:id:k0suke603:20180302110914j:image

台北駅に着いて軽く飯を食う。海老ワンタン美味。

f:id:k0suke603:20180302135150j:image

1日目は、十分で開催されるランタンを飛ばすイベントに参加したい。というかこの旅の一番の目的がコレだ。以下の記事がこの旅のきっかけだ。

www.ryman-traveler.com

 がちょっと時間もあるし荷物も重いので先にホテルに寄った。

 

さてバスはmrtの茶色の路線の動物園駅から出てるらしい。降りてみるとバスの案内とともに猫空ロープウェーの案内が見えた。12時半、まだまだ時間もありそうだし、寄り道することにした。猫空はスケスケゴンドラとお茶で有名。

f:id:k0suke603:20180302135846j:image

並んでたけどなぜか秒速で乗れた。おそらくスケスケタイプじゃ、ないからだろう。貸切となってしまった。

 

途中下車して指南宮という寺院?によった。パワースポットなのだろうが特に何も感じなかった。

f:id:k0suke603:20180302170132j:image

 f:id:k0suke603:20180302170143j:image

 f:id:k0suke603:20180302170239j:image

長居しても、もしかしたらバスが混んでしまう懸念あったので、引き返した。

 

シャトルバスはこんな感じ。駅降りたらほぼ迷わない。

f:id:k0suke603:20180302170358j:image

14時頃、混んでる?!って思ったら一瞬で乗れた。ちゃんと座れた。50twd、イージーカードはクソ便利なので買ったほうが良い。

 f:id:k0suke603:20180302170417j:image

 前日の疲れからか、バスは爆睡。

気づいたら着いた。十分。

f:id:k0suke603:20180302170653j:image

 f:id:k0suke603:20180302170657j:image

当たり前だけど7年前のなんでもない日に来た時よりもスーパー混んでる。ここら辺は駅前でいろいろお店もある。が混み過ぎなので早々に退散する。

 

ランタンフェスティバルはこの市街ではなく滝方面なのだ。行く途中に炭鉱の廃墟も見学。男は必ず一度はトロッコに乗るのを憧れるものだ。人おらず先が見えないのでこちらも途中で引き返した。

f:id:k0suke603:20180302170958j:image

f:id:k0suke603:20180302171001j:image

f:id:k0suke603:20180302171003j:image

(ここから記憶が曖昧になります)

近くの公園で滝を見に行った。

ランランフェスティバルまで時間がありすぎて困った。途中ベンチで軽く仮眠もした。

ついに始まるが会場はやばい人になっていた。まさにフェス。いやそれ以上に人がいる。

このありさまだ。見えんのか。

見えた。が遠くて困っちゃうやつだ。

きれいなんだろな、近くで見たら。

最初、一瞬だけ見て速攻でバスで帰った。ラッシュを外さないととんでもないことになりそうなのは想像に難くない。

台湾ビールと謎の質素すぎる担々麺をいただいた。

夜中に暇だったので夜市にも行ってみたが爆竹などうるさくて嫌だった。

  

■2日目

とりあえず台中に向かいたい。

目的地としては、以下の二つ。でもたったこれだけのコンテンツのために南下するのももったいなーと思っているので、もうちょっと候補を探していきたい。

・宮原眼科(イケてるお菓子さん)

・彩虹眷村(カラフルな村、よくかららん)

 と思ったけど、やめた。

 

麺線というなんか美味し麺類をいただいた。

社内の人に教えてもらったアスパラガスのジュースを買って飲んでみた。まずい。

 

■3日目

何も予定がない。

蔦屋書店がモデルにしたと言われるイケてる本屋の誠品書店とかに立ち寄ってみたいかな。天気が良ければ台北101に行ってみても良いかもしれない。